腰を曲げると痛い腰痛の原因 ①

更新日:5月31日

こんにちは!ふわ筋Lab 平井良磨です❗️


毎週月曜日 21:00~22:00で開催している『セルフケア教室』


今月、来月のテーマは腰痛!!


ということで、腰痛の原因や痛みの原因、そしてケアの方法などを詳しく解説していきます!!



まずは「腰を曲げると痛い人」の原因についてお話ししていきます💡




腰を曲げる動作では、背中側の筋肉が伸ばされます。


このとき腰側の筋肉である腰方形筋をはじめ、広背筋や起立筋など背中の筋肉が


硬く縮こまってしまうと、うまく伸ばされずに痛みを感じます。


ただし、背中側の筋肉だけを緩めてもすぐに元の状態に戻ってしまいます


それは、腰を曲げると痛みを感じる方は、腰を反らすと痛みが出る腰痛も


併せてお持ちだからです。この場合、ほとんどの方が自覚症状がありません。

つまり、腰を曲げると痛い腰痛は2段階目の腰痛で、まず1段階目の腰を反らすと痛い腰痛


を経ています。


それは、以下のような流れで起こります。




腰を反らすと痛い腰痛になる


→腰を伸ばすとつらくなるので背中を丸める(無意識のうちに猫背になる)


→背中側の筋肉に絶えず負荷がかかり硬くなりやすい状況を作る


→背中側の筋肉が硬くなり痛みを感じるようになる


1段階目の腰を反らすと痛い腰痛をを改善しない限り、背中側の筋肉に負担をかけ続けることになります。


根本的に改善させたい場合は1段階目の腰痛からアプローチする必要があります。


先に1段階目の腰痛を改善させてから背中側の筋肉を緩めることで


腰を曲げると痛い腰痛の再発を減らすことができます。



次回、「痛みの発生のメカニズム」についてお話していきます😄♪

ではでは🙌


ふわ筋Lab 平井良磨


┏                           ┓

 ふわ筋Lab

 〒158-0083

 東京都世田谷区奥沢5-40-6

 Zoom自由が丘 501

 TEL:070-8576-2959

  info@fuwakinlab.jp

  https://www.fuwakinlab.jp/

┗                           ┛



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示