腰痛に効くお薬とは?④

こんにちは!ふわ筋Lab 平井良磨です❗️

今回は「痛み止めの本当の役割とは」について、お話

していきたいと思います!




「痛み止めを飲んで痛くなくなったから、もう治った!」と言う方を何人も見たことがあり


ます。しかしながら、ほとんどの方が「痛み止め」の効果が切れてしまうと痛みが再発して


しまいます。前回の記事でお話をしましたが、「痛み止め」とは、組織の損傷、慢性的な酸


素不足などによって炎症が引き起こされ、その際に生成されるはずのプロスタグランジン


生成出来なくさせる働きがあります




プロスタグランジンが痛みの原因になるので、その生成を抑えることで痛みを感じなくなり


ます。なんの知識もないと「痛みがない!治った!」と感じてしまうのも無理がありませ


ん。しかし、「痛み止め」の効果が切れてくると、また痛みが再発してしまうということ


は、それは根本的に改善されたと言えるのでしょうか?



確かに「痛み止め」の効果が効いている間に炎症が落ち着き、プロスタグランジンの生成が


徐々に現象し、結果的には痛みがなくなったということもあると思います。それはあくまで


炎症が治まっただけであり、「痛み止め」が根本原因を治した訳ではないのです。

ここで、ギックリ腰を例にお話ししたいと思います。


ギックリ腰は腰の筋肉の炎症が激痛を引き起こします。この時、「痛み止め」を飲まれる方


も多くいらっしゃると思います。炎症は3~4日で落ち着いてくるので、痛みの原因物質が生


成されなくなり、痛みがなくなります。


「痛み止め」がなくても痛みを感じなくなったので、もう完全に治ったと思うかもしれませ


んが、多くの方がギックリ腰を再発しています。何故でしょうか?



その理由は明確で、「何故炎症が起きてしまったのか?が抜け落

ちて、その根本原因を改善していないから」です。


痛み止めを飲んで大丈夫と思っている人は、思わぬ落とし穴にハ

マっているかもしれません。。。


今回はここまで

次回は「痛み止めのせいで腰痛が悪化する??」

をお伝えいたします!


オンライン予約はこちらから📱
https://onl.sc/bV2KgLG

ではでは🙌

ふわ筋Lab 平井良磨

┏                             ┓  
 ふわ筋Lab  
 〒158-0083  東京都世田谷区奥沢5-40-6  Zoom自由が丘 501  
 TEL:070-8576-2959  
 info@fuwakinlab.jp  
 https://www.fuwakinlab.jp/
┗                             ┛
閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示