筋肉が硬くなる理由とは?

筋肉が硬くなる理由は 2種類 あることをご存知ですか?

①筋肉を緩めるために必要な「エネルギー不足」を起こしている
筋肉は日々力を入れたり(収縮)抜いたり(弛緩)を繰り返しています。力を入れる際にエネルギーを消費するイメージはしやすいがと思いますが、実は筋肉は力を抜く際にもエネルギーを使用することをご存知でしたでしょうか? 運動など筋肉に負担がかかる行為や長時間同じ姿勢でいることで、血行不良を起こしエネルギーがしっかりと供給されず筋肉を柔らかい状態に戻すことができなくなります。これが筋肉が硬くなる理由の1つです。
原因が血行不良やエネルギー不足なので、解決方法は簡単です。
・休息 ・温める ・マッサージ ・電気療法 ・食事療法  などが挙げられます。
しかし、これらの方法を試してみても改善がみられない方は、下の2つ目が原因で筋肉が硬くなっている可能性があります

 

②「守る仕組み」による筋紡錘の異常信号 →「筋肉ロック
従来の運動療法、ストレッチ、血行が良くなる行為、マッサージなどの施術を受けたとしても、一時的な改善はみられてもすぐに硬さが戻ってしまうという方は、こちらの2つ目の理由が原因で筋肉が硬くなっている人です。
筋肉にはそれぞれの繊維の長さを認識し脳に情報を伝える
筋紡錘という器官があり、脳と連携をとりながら筋肉を伸び縮みさせています。脳が本社、筋紡錘が現場を管理する現場監督のような役割です。普段の動きは脳と筋紡錘が上手く連携を取れているので「守る仕組み」は発動しません。
しかし、筋肉(厳密にいうと筋繊維)に対し思いも寄らない負荷や引っ張られるような強い力がかかると、筋紡錘のもう1つの働きである筋繊維の損傷や断裂を防ぐ仕組み「守る仕組み」が発動し、筋肉は瞬間的に力が入ります。 交通事故をイメージしてください。追突の衝撃で首があらゆる方向に振り回され筋肉がちぎれる恐れや、最悪の場合に首の骨が折れてしまう可能性がありますが、それを防ぐために首周りの筋肉が瞬間的に力を入れ、私たちの命を守ってくれます。その結果、後遺症として「ムチウチ」になってしまいます。ムチウチは守る仕組みによって筋肉が硬くなってしまった典型的な症状です。この守る仕組みによって力が入った筋肉は、あくまで筋紡錘の独断で力を入れた状態であり、普段のように脳と連携をとりながら行った訳ではありません。そのため自分で力を抜こうと思っても抜くことができず、筋肉にずっと力が入った状態になり硬く、短く、太くなったままになります。
守る仕組み、筋紡錘の異常信号によって力が入ってしまった筋肉は、従来の運動療法やマッサージなどの血行改善を目的とした施術ではその異常信号を解除することが出来ず、力が入ったままの硬い筋肉の状態で残ってしまいます。もし若い頃はマッサージやお風呂に入ったりで楽になっていた肩こりや腰痛が最近改善しないという方や、痛みの改善のために色々施術を受けたけど改善がしなかったという方は、この守る仕組みを解除できていないことが原因です。
当サロンで行っている施術法ミオンパシーは、筋肉の守る仕組みを生理学的に研究し、筋紡錘の異常信号をカットすることに特化した技術です。
ぜひ一度ご体験ください。今まで感じたことのない筋肉が奥から緩まっていく感覚を感じていただけます。

ストレッチやマッサージは症状を悪化させることがあります

慢性痛は血行不良による酸素不足であり、その原因が「筋肉のロック」とお話させていただきました。もちろんストレッチやマッサージにもそれぞれ効果はありますが、症状によっては悪化の原因になる恐れがあります。ロックしている筋肉は、守る仕組みによって硬くなっています。そこにストレッチで伸ばされ強い負荷がかかると「危険だ」と認識し「縮んで守れ」という信号がさらに強くなりロックがきつくなってしまう可能性があります。

マッサージも同様に一時的に痛みが緩和することがあります。これは血行が促進され気持ち良い感覚になるからですが、筋肉のロックが解除されているわけではないので、またすぐに血流が悪化します。場合によってはストレッチと同様に痛みがある部位を強く負荷をかけることでロックがきつくなり筋肉がより硬く縮んでしまう可能性さえあるのです。

IMG_2935_edited.png

24時間受付中

ネット予約はこちらから 

*完全予約制*

*駅から5分  *土日祝営業

90秒ごとに「ふわふわの筋肉」に変化!!
​やさしく筋肉にアプローチするソフトな整体

ミオンパシーの基本的な流れを紹介します。

1

筋肉を触診し、ロック(拘縮)している箇所を特定

IMG_2413_edited.jpg

まず、筋肉を触診し痛みや違和感を感じる部位、張りや硬さなどから筋肉のロック(拘縮)を特定します。

2

IMG_2394_edited.jpg

筋肉が本来のやわらかさに戻る姿勢で90秒キープ

次に「縮んで守れ」という異常信号を解除するために、押している箇所の違和感が消える姿勢をとり、負担のかからない状態で90秒維持します。

3

筋肉に力が入らないように「ゆっくりやさしく」元の姿勢に戻し、状態を確認

IMG_2641_edited.jpg

「ゆっくりやさしく」元の姿勢に戻します。

再び筋肉を触診し痛みの感じ方をチェックして筋肉のロックが解除されたかどうかを確認します。

この一連の動作を繰り返すことで、筋肉が元のやわかい状態に戻ることができ症状が緩和していきます。

みなさんが従来からお持ちだと思われる「整体は痛くて怖い」というイメージとは180度ちがった

「本当にやさしく筋肉にアプローチする」ソフトな整体術です。

どんな​些細なことでもお気軽にご相談ください。

インターネットが普及し、様々な情報が手に入る便利な世の中になった反面、どの情報が正しく、自分に合っているのかを判断することが難しくなりました。この施術で本当に改善するのか、どんな施術をされるのか、どれくらい通えばいいのかなど、気になることはたくさんあると思います。もし迷われているのなら、まずはご相談下さい。お客様のどこが痛いのか、どういう症状なのかという体調のことはもちろん、体の不調が原因であきらめていること、普段の生活で困っていることなどお話を伺い、一つ一つ丁寧にご説明いたします。

分からないことや疑問点もお気軽にご質問ください。

ご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

📞  070-8576-2959

営業時間  10:00〜22:00  定休日:木曜日

ふわ筋Labの施術はこんな症状に対応しております

​ご不明点やお悩み、お気軽にご相談ください

ふわ筋Lab 自由が丘店

住所 

​営業時間

​電話番号

定休日

​クレジットカード

駐車場

​アクセス方法

〒158-0083 

東京都世田谷区奥沢5-40-6 ZOOM自由が丘501

10:00〜22:00

070-8576-2959 

木曜日 年末年始

VISA、MASTER、AMEX

​なし

東急東横線/東急大井町線

自由が丘駅 南口より徒歩5分

東急目黒線 奥沢駅より徒歩7分

東急バスの奥沢6丁目交差点バス停すぐ